塾講師の役割とは?

お受験という言葉が聞かれるように、現在では受験は大学受験や高校受験だけでなく、中学受験が小学受験まであります。その受験に合格するために、または学校の成績を上げるために塾に通う子どもも増えてきました。小学生まではサッカーや野球、水泳などスポーツに明け暮れていた子どもも、中学に入学すると塾に通うことになるケースが多くなっています。それに伴い、塾も増え、種類も多くなっています。

塾には主に受験を目標においた進学塾をはじめ、成績に関係なくすべての生徒を対象にした学校の補修的な勉強ができる塾があります。その中でも少人数制で授業を行う塾、レベル別にクラス分けをしている塾、個別指導をする塾などがあります。塾は生徒の数が多くないと経営が成り立ちませんから、多くの生徒を集めるためにも個性を出す、合格率を上げる、などの努力をしていますが、塾において重要なのは塾講師です。

現在では個性のある塾講師が増え、人気のある塾講師には生徒が集まります。歴史をひも解けば塾の始まりは江戸時代にあった寺子屋です。寺子屋の師匠は人生のおける師匠として慕われていたと言われています。現在の塾講師はそこまでとは言いませんが、受験に合格するということにおいては、人生の中で大きなこと。もちろん大切なのは自分の努力ですが、それをサポートしてくれる塾講師には大きな役割があります。現代において塾講師に求められるものはどのようなことなのでしょうか?また、塾講師に必要なものはどういったことなのでしょうか?

◎関連サイト
塾講師や塾の受付などのバイト情報が検索出来るサイトです → 塾 バイト